スーパーで買えるシンガポールのオススメお土産10選






⑤『NINJIOM』ののど飴

可愛らしいデザインが特徴的なシンガポールの人々の喉の味方『NINJIOM』ののど飴です。

風邪をひいてのどを痛めたとき、シンガポール人に聞いたら「とりあえず『NINJIOM』をなめたほうがいい」と言われました。

調べてみると、日本人にも最近人気が高まっているようですね。

優しい甘さで味の種類も豊富なので、家に置いていても見栄えもいいですし、アルミでできたケースは再利用できますね。

⑥カップヌードル

SGD1.6

SGD1.45

シンガポールのスーパーではローカルフードを再現したカップ麺が豊富にあります。

オススメは「日清のカップヌードル」です。

チリクラブやラクサをはじめ、シンガポールのローカルフードの味をしっかり再現しています。

こちらもかさばることが唯一の懸念ですが、さすがの日清、味は間違いないのでバラマキ土産にオススメです。

⑦カヤジャム

シンガポールの定番朝食として有名な『カヤトースト』

シンガポールでは、ココナッツミルク、卵、砂糖をベースにした甘い『KAYA』とバターをトーストにふんだんに塗って食べるのが当たり前。

日本人には『カヤジャム』という名称で親しまれています。

シンガポールのスーパーであれば必ずカヤジャムは陳列されています。

カヤトーストを売りにしているカフェも多くあり、店舗数が一番多いのはTOAST BOXです。

写真のカヤジャムはTOAST BOXで販売している商品です。

mia
お店によって味が異なるので、いろんなお店のカヤトーストを試してお気に入りのカヤジャムをお土産に買って帰ってください!中毒性があるのでハマりすぎ注意です!

⑧ドライマンゴー

SGD7.1

南国シンガポールではタイやマレーシア、フィリピンなど周辺の国で栽培されるトロピカルフルーツが多く輸入されており、マンゴーやパイナップルなど日本では高級な果物も1年中食べることができます。

でも、残念ながら果物はお土産として日本に持ち帰ることができません。

そんな時に活躍するのがドライフルーツです。

特にドライマンゴーは甘酸っぱさがやみつきになります。

シンガポールのスーパーであればどこでもドライマンゴーは販売しているので、ぜひお土産に検討してみてください。

⑨ドリアン味のお土産シリーズ

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です