チャンギ空港T4で買えるシンガポールのオススメお土産13選






シンガポールへの日本人旅行者数は年間80万人を超え、常に進化を続けるシンガポールは世界を魅了し続けています。

マーライオンやマリーナベイサンズ、セントーサ島など定番の大人気スポットに加え、2019年4月には新たなSNS映え観光スポットとなる大型複合施設『ジュエルチャンギエアポート』がシンガポール・チャンギ空港内にオープンしました。

そんなシンガポールですが、多くの旅行者を悩ませるのが「お土産」です。

代表的なシンガポール土産といえば、TWGの紅茶やマーライオンのチョコでしょうか。

ばらまき土産のチョコやクッキーは2回目以降は飽きられてしまうし、TWGは高いし、、と頭を悩ませる方も多いと思います。

mia
安心してください!シンガポールにも魅力的なお土産はたくさんあります!!

限定商品はもちろんのこと、実は日本よりも安く買えるプチプラアイテムなど魅力満載です。

今回は、シンガポールの空の玄関口であるチャンギ空港ターミナル4の出発ターミナルで買えるシンガポールのお土産13選をまとめました。

旅行帰りにお土産探しを検討されている方にオススメです。

シンガポール旅行でオススメのお土産37選はこちらの記事をご覧ください。

【最新版】シンガポールの人気オススメお土産37選

2019.05.24

『ジュエル』で買えるオススメのシンガポールお土産21選はこちらの記事をご覧ください。

『ジュエル』で買えるシンガポールのオススメお土産21選

2019.05.26

チャンギ空港ターミナル1~3で買えるオススメのシンガポールお土産情報はこちらの記事をご覧ください。

チャンギ空港T1で買えるシンガポールのオススメお土産19選

2019.06.29

チャンギ空港T2で買えるシンガポールのオススメお土産15選

2019.06.12

チャンギ空港T3で買えるシンガポールのオススメお土産16選

2019.05.29

ターミナル4はLCCが主に就航しているためか、お土産の種類もターミナル1~3と比較すると少し少なめです。

ただ、希少性の高いものもしっかりおさえているのがさすがはシンガポールです。

チャンギ空港ターミナル4で買えるシンガポールのオススメお土産13選

①『ラッフルズホテル』のクッキー

「シンガポールのお土産といえばTWGの紅茶!」

という方も多いと思います。

しかし、シンガポールを代表する「ラッフルズホテル」のギフトショップで購入できる紅茶も大人気で、熱烈なファンも多くいます。

そんな紅茶で有名なラッフルズホテルブランドですが、クッキーも大人気です。

ほのかな甘みと香り高いバタークッキーと上品なラッフルズホテルデザインの包装はシンガポール土産にぴったりです。

希少度の高さという意味でも、ブランド力という意味でも、ラッフルズホテルのクッキーはオススメのお土産です。

②『The 1872 Clipper Tea Co.』の紅茶

「シンガポールのお土産といえばTWGの紅茶!」

という方が多いと思います。

しかし、シンガポールを代表する『THE 1872 CLIPPER TEA』の紅茶も大人気で、熱烈なファンも多くいます。

『THE 1872 CLIPPER TEA』は1872年にシンガポールで創業した紅茶の老舗ブランドです。

紅茶は60種類以上あり、そして何よりパッケージがオシャレです。

「THE 1872 CLIPPER TEA」を取り扱うお店(カウンター)はシンガポール国内に10店舗ありますが、専門店はオーチャードにある1店舗のみです。

TWGと違って店舗数も限られており、シンガポール外で入手ができない紅茶のため、希少度がかなり高いです。

包装がオシャレで可愛く、TWGよりもお値段が手頃で、お土産だけでなくプレゼントにもおすすめです。

③ビール瓶の蓋『王冠』のシンガポールモチーフ

部屋をウエスタン風に彩る飾りとして人気になりつつある大きなビール瓶の蓋『王冠』です。

チャンギ空港ターミナル4ではシンガポールをモチーフにした大きな王冠が販売されています。ちなみに、ターミナル1~3にはありませんでした。

個人的にはすごく好きなアイテムです。

ただ、部屋はシンプルなほうが好きなので私たち夫婦は買いませんでした。

こういう飾り物が大好きな方は多いと思うので、そういう方向けのシンガポール土産としてぜひ検討してみてください。

④フィッシュスキン

近年、シンガポール土産の定番となりつつあるお菓子が『フィッシュスキン』です。

その名の通り、魚の皮を揚げて香ばしく味付けしたお菓子です。

食感はパリパリしていて、いかフライの魚バージョンという感じでしょうか。

いろいろな会社がフィッシュスキンを出していますが、基本的に味はスタンダードとスパイシーの2種類があります。

スパイシーは結構辛さが強いので、お酒のあてにぴったりです。

魚の皮ですが、特に魚の臭みはありません。

mia

私はフィッシュスキンが大好きです。

しかし、ポテトチップ感覚で食べるには高すぎます。

安くてもSGD7を超えるので、気軽に家で食べれるお菓子ではありません。

(庶民には高価です。)

お土産と考えればリーズナブルな値段なので味もおいしいですしオススメです。

⑤『BENGAWAN SOLO』のクッキー

シンガポール人にも圧倒的に指示される人気ナンバー1クッキーブランドは『BENGAWAN SOLO』です。

シンガポール人男性と結婚したインドネシア人女性が、シンガポールへ移り住んだ際に創業したのが「BENGAWAN SOLO」です。

シンガポール人にも観光客にも大人気な理由は、上品な甘みとライトな食感、そして何よりもカラフルでかわいいデザインが魅力のパッケージです。

友人やご家族のお土産としても喜ばれ、自分用のお土産としても買うことをオススメします。

かわいいデザインの缶も魅力的ですよね。

「BENGAWAN SOLO」はお土産だけでなく、手作りのニョニャ菓子もオススメです。

どこの店舗もカラフルなニョニャ菓子が店内のショーケースに並んでおり、ココナッツやパンダンの甘い香りが漂っています。

日持ちはしませんが、日本では味わえない伝統的なお菓子をぜひ味わってみてください。

⑥『BENGAWAN SOLO』のパイナップルケーキ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です