シンガポール在住者が選ぶシティホール周辺のおすすめカフェ/レストラン10選






シンガポールへの日本人旅行者数は年間80万人を超え、常に進化を続けるシンガポールは世界を魅了し続けています。

マーライオンやマリーナベイサンズ、セントーサ島など定番の大人気スポットに加え、2019年4月には新たなSNS映えもバッチリの観光スポットとなる大型複合施設『ジュエルチャンギエアポート』がシンガポール・チャンギ空港内にオープンしました。

旅の楽しみは観光はもちろんですが、やはり一番は『食』ではないでしょうか?

今回は、オフィス街と観光地が融合した利便性の高い『シティーホール』エリアでおすすめのカフェ/レストラン10選をご紹介します。

シティホール周辺のおすすめカフェ/レストラン10選

MRTシティホール駅は商業施設『ラッフルズシティ』に直結しており、周辺にはオフィスビル、そして徒歩圏内にマーライオンパークがあります。

シンガポールを代表する老舗高級ホテル『ラッフルズホテル』があるのもここです。

繁華街であるサマセットやオーチャード、日本人駐在員が多く住むチョンバルなどにもMRTで数駅という非常に利便性の高いエリアです。

そのため、シティホール周辺では街行く人々が国際色豊かという特徴もあります。

グルメも充実しており、その中でも特におすすめなレストラン10選をご紹介します。

①本格ドイツ料理『brotzeit』

『brotzeit』は2006年に創業した本格ドイツレストランでアジアを中心にフランチャイズ展開をしています。

『brotzeit』で必ず食べて欲しいメニューは2つあります。

『Sausage Platter』$39.0

まずひとつめはソーセージの盛り合わせ『Sausage Platter』です。

2人様向けのメニューで、チョリソー、チーズソーセージ、ホワイトソーセージといった5種類のソーセージ盛り合わせです。

ぐるぐるソーセージの下に2本の粗挽きバジルソーセージが隠れています。

『Crispy Oven-Roasted Pork Knuckle』$39.0

もうひとつの必食メニューは『Crispy Oven-Roasted Pork Knuckle』です。

メニューの見た目以上に大きくてボリュームがあります。

ドイツの名物料理『アイスヴァイン』の揚げバージョンです。

中心の骨から力を入れるとホロホロと肉が分かれて食べやすくなります。

『brotzeit』のメニューや店舗情報など詳細はこちらの記事をご覧ください。

シンガポールの本格ドイツ料理は『brotzeit』が最強説

2019.08.19

②シンガポールで一番おすすめのバクテー『YA HUA BAK KUT TEH(亜華潮州肉骨茶)』

シンガポール名物の一つであるバクテーは有名店がいくつかあり、観光客に最も人気の『SONG FA BAK KUT TEH』や『FOUNDER BAK KUT TEH』が特に有名ですが、個人的に一番おすすめしたいのは今回ご紹介する『YA HUA BAK KUT TEH(亜華潮州肉骨茶)』です。

バクテーは胡椒が強かったりにんにくが控えめだったりとお店によって特徴が異なります。

『YA HUA BAK KUT TEH(亜華潮州肉骨茶)』のバクテーは非常にバランスがとれており、バクテーが初めての方にも慣れている方にもおすすめです。

各テーブルに醤油やにんにく、生唐辛子など薬味が完備されているので、好みに合わせて自分でカスタマイズできます。

別店舗ですが、基本的にはメニューも同じなのでこちらの記事もご参照ください。

シンガポール人おすすめのバクテー専門店『Outram Park Ya Hua Rou Gu Cha』

2019.11.13

『YA HUA BAK KUT TEH(亜華潮州肉骨茶)』の店舗情報

営業時間:月~金 11:00-22:00, 土 10:00~20:00, 日 11:00~21:00

住所:252 North Bridge Road, #B1-44B, Raffles City Shopping Centre, 179103

③シンガポール地元民で賑わうチキンライスの名店『Chin Chin Eating House』

 『STEAM CHICKEN 1/2』$14

『Chin Chin Restaurant』はシンガポールのローカルフード名物『チキンライス』で有名なレストランです。

別名:『Chin Chin Eating House』

チキンライスをはじめとする鶏肉のローカルメニューが豊富で雰囲気はホーカーに似ており、シンガポール現地の人々で賑わっています。

魅力は何といっても豪快なチキン。1/2羽のスチームチキンで特製のタレがかかっており、ライスとの相性も抜群です。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

シンガポール地元民で賑わうチキンライスの名店『Chin Chin Restaurant』

2019.08.14

『Chin Chin Restaurant』の店舗情報

営業時間:11:30-21:00

住所:19 Purvis St, Singapore 188598

④シンガポール地元民で常に満席!ローストダックの名店『ALEX’S EATING HOUSE』

シンガポールといえばチキンライスが有名ですが、ローストダックも匹敵するほど有名なローカルフードです。

多くのフードコートやホーカーでローストダック、ローストポークのお店があるのでシンガポールではどこにいても食べることができます。

『ALEX’S EATING HOUSE』はシンガポール地元民に大人気のレストランで特に名物ローストダックに定評があります。

ローストダックをはじめとする鶏肉のローカルメニューが豊富で雰囲気はホーカーに似ており、シンガポール現地の人々で賑わっています。

『ALEX’S EATING HOUSE』のローストダックは超グルメな同僚のシンガポール人も認めるお店です。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

シンガポール地元民で常に満席!ローストダックの名店『ALEX'S EATING HOUSE』

2019.08.13

『ALEX’S EATING HOUSE』の店舗情報

営業時間:8:00-18:00

住所:#01-01, Chye Sing Building, 87 Beach Road, Singapore 189695

⑤シンガポールで美味しいパンを食べるなら『チョンバルベーカリー』

写真はチョンバルの本店

フランス人のパン職人が手がける『Tiong Bahru Bakary』(チョンバルベーカリー)はシンガポールで大人気のベーカリーです。

本店はその名の通りチョンバルにあり、シティーホールでは商業施設『ラッフルズシティ』にあります。

mia
おすすめは「クロワッサン」「アップルクイニーアマン」です。

クロワッサンはパリパリ感とバターのほのかな甘みが最高で、少し大きめのサイズ。

アップルクイニーアマンは少し甘めで、クイニーアマン好き、アップル系のパンが好きという方におすすめです!

『チョンバルベーカリー』のメニューや店舗情報など詳細についてはこちらの記事をご参考ください。

シンガポール駐妻御用達のパン屋『チョンバルベーカリー』

2019.04.02

⑥豪快に肉を食らうならシュラスコレストラン『Carnivore』

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です