シンガポールの本格ドイツ料理は『brotzeit』が最強説






私は無類のソーセージ好きです。

そして、ビールも大好きなので、がっつりとそれらを食らうドイツ料理が大好きです。

東京に住んでいるときも、よくソーセージが美味しいバルを探しては通ったものです。

でも、ドイツ出張をした時に食べたような、とにかく肉肉しいインパクト抜群のレストランには出会えませんでした。

 ドイツ出張時に食べた本場の肉料理

そんなに多く食べれるタイプではないのですが、たまーにこういうジャンキーな料理が無性に食べたくなります。

この本場レベルのドイツ料理は日本では見つかりませんでした。

でもありがたいことに、シンガポールに赴任してから最高のドイツ料理のレストランを見つけました。

それが『brotzeit』です。

ソーセージや豚スネ肉を使ったアイスヴァインといった肉肉しい料理、そしてビールが大好きな方も多いと思います。

そんな方におすすめの『brotzeit』を解説します。

アジアを中心に19店舗展開するドイツ料理レストラン『brotzeit』

『brotzeit』は2006年に創業した本格ドイツレストランでアジアを中心にフランチャイズ展開をしています。

  • シンガポール:5店舗
  • マレーシア:2店舗
  • ベトナム:2店舗
  • 香港:2店舗
  • 中国:2店舗
  • フィリピン:3店舗
  • オーストラリア:3店舗

mia
こんなにアジア各国に店舗があるのに、日本にないのは不思議ですね。

ここの魅力は本場ドイツさながらの開放的な雰囲気の中で食べる「これぞ!」といえるドイツ料理の数々です。

ひとつひとつのメニューのボリュームが大きいため、大勢で行く方が楽しめます。

もちろん、私たちは夫婦ふたりで行っているので、少人数でも問題ありません。

『brotzeit』の大ファンである私としては、会社のすべての歓送迎会といった社内イベントがすべてここになればいいのにと思っています。

『brotzeit』のおすすめメニュー

『brotzeit』で必ず食べて欲しいメニューは2つあります。

mia
いろいろな種類が食べたいですが、私たち夫婦はどちらかのメニューとビールで満腹になります。

なので、その日の気分によってどちらを注文するか決めています。

 『Sausage Platter』$39.0

まずひとつめはソーセージの盛り合わせ『Sausage Platter』です。

2人様向けのメニューで、チョリソー、チーズソーセージ、ホワイトソーセージといった5種類のソーセージ盛り合わせです。

ぐるぐるソーセージの下に2本の粗挽きバジルソーセージが隠れています。

私はこんなインパクト抜群のソーセージ盛り合わせをずっと探していました。

味も最高です。

お値段はそこそこしますが、ボリュームもあるのでコスパはバッチリ。

『Crispy Oven-Roasted Pork Knuckle』$39.0

もうひとつの必食メニューは『Crispy Oven-Roasted Pork Knuckle』です。

メニューの見た目以上に大きくてボリュームがあります。

ドイツの名物料理『アイスヴァイン』の揚げバージョンです。

中心の骨から力を入れるとホロホロと肉が分かれて食べやすくなります。

この肉肉しさ、たまりません。

大食いに自信のある方や、4名以上で訪店を予定している方は、 この2つのメニューを含む最強の盛り合わせメニューをオススメします。

 『Brotzeit Platter』$98.0

どーん!これです!!

『Honey Bavarian Pork Ribs』もしくは『Pork Schnitzel』を選ぶことができるボリューム満点の盛り合わせです。

『Best of Brotzeit』とも称されるこのメニューには、『brotzeit』の魅力がぎっしり詰まっています。

大人数で訪店した時はこのメニューを注文できるので、テンションが上がります。

『brotzeit』のメニュー

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です