シンガポール在住者が選ぶチョンバルのおすすめカフェ/レストラン7選






シンガポールへの日本人旅行者数は年間80万人を超え、常に進化を続けるシンガポールは世界を魅了し続けています。

マーライオンやマリーナベイサンズ、セントーサ島など定番の大人気スポットに加え、2019年4月には新たなSNS映えもバッチリの観光スポットとなる大型複合施設『ジュエルチャンギエアポート』がシンガポール・チャンギ空港内にオープンしました。

旅の楽しみは観光はもちろんですが、やはり一番は『食』ではないでしょうか?

今回は、シンガポール駐在員家族が多く暮らす便利でおしゃれな『チョンバル』エリアでおすすめのカフェ/レストラン7選をご紹介します。

チョンバルとは

Tiong Bahru (チョンバル) エリアは低層のHDB(公団団地)が多く、のんびりとした雰囲気を持つ昔ながらの住宅街です。

近年、おしゃれなカフェやショップが増加しています。

アール・デコ様式がショップハウスと融合したエレガントかつ懐かしい街並みも魅力の一つです。

伝統的な暮らしと最先端のおしゃれなライフスタイルが共存するエリアです。

Tiong Bahru (チョンバル) はダウンタウンへのアクセスが良く、緑も多い上に部屋が広めのコンドミニアムが駅周辺に多いため、日本人駐在員に大人気の住宅街です。

Tiong Bahru駅はおしゃれカフェが集まるOutram Park駅の1つ先、住宅街とオフィス街の2つの顔を持つオススメ居住エリアのTanjong Pagar駅からで2つ西へ先にあります。

シンガポール在住者が選ぶ『Outram Park』エリアのおすすめカフェ7選

2020.02.27

シンガポールのオススメ居住エリア『タンジョンパガー』の7つの魅力

2019.05.15

チョンバルには魅力的なカフェやレストランが本当にたくさんあります。

ひとまず現段階でのおすすめ7選をご紹介しますが、まだまだ開拓しきれていないかもしれないのでおすすめが出てきたら随時追加していきたいと思います。

①予約必須!! チョンバルの『Por Kee Eating House』で食らう激旨シャンパンポーク

シンガポール駐在員御用達のシーフード&中華といえば『Por Kee Eating House 1996』です。

ここは隣のテーブルとの感覚が広いため、現地の方も多いのですが意外とうるさくなく落ち着いて食べることができます。

本格的なシーフード料理が多いのですが、値段は比較的リーズナブルで接待/会食にも使えます。

絶対に食べるべきシャンパンポークリブ(Champagne Short Rib or Champagne Long Rib)

Champagne Short Rib

Champagne Long Rib

まずこれだけは必ず食べて欲しいというのが「シャンパンポーク」という愛称で親しまれる名物メニューです。

味が深く染み込んでおり、なんとも言えない濃厚な味わいを表現する術を私は持っていません。

ぜひ実際に食べてみて確認していただきたいです。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

予約必須!! チョンバルの『Por Kee Eating House』で食らう激旨シャンパンポーク

2019.12.21

『Por Kee Eating House 1996』の店舗情報

mia
電話になりますが、大人数で行く場合には特に予約していくことをおすすめします。

②ハイナニーズカレーの名店『Loo’s Hainanese Curry Rice』

  • 「シンガポールでカレー?」

そう思う方も多いかもしれません。

日本のカレーとは異なり、彼のルー自体はサラッとしていてソースのようにかけて食べます。

注文時にライスと肉料理・魚料理・野菜料理・卵料理・大豆料理からトッピングを自分で選び、最後にカレーソースがかけられて完成です。

フライドエッグとチキンカツレツが最も人気な組み合わせです。

お世辞にも見た目が綺麗な料理とは言えず、アジアに慣れていない方には最初はトライが億劫になる料理かもしれません。

しかし、味は見かけによらずさっぱりしていてクセもありません。

チョンバルでシンガポール人が行列を作るハイナニーズカレーの名店Loo’s Hainanese Curry Rice』があり、ここで食べたのが一番美味しかったですね。

お店も盛り付けも綺麗とは程遠いですが、味は一級品でした。

日本のカレーと同じように、たまに無性に食べたくなる時があります。

シンガポール人にとってのハイナニーズカレーの位置づけは日本人にとってのカレーと同じです。

『Loo’s Hainanese Curry Rice』の店舗情報

③チョンバルの美しすぎるスイーツが魅力のおすすめカフェ『Voyage Patisserie』

『Voyage Patisserie』はチョンバルを代表するスイーツカフェです。

ショーケースに並ぶスイーツは本当にどれも美しいです。

お値段も少しお高めですが、その分高いクオリティが担保されています。

mia
美味しそうなスイーツばかりなので見ているだけで幸せな気分になります。
一気に食べたいところですが、少しお高いので何度か訪問してちびちび食べています。

『Voyage Patisserie』の詳細はこちらの記事をご覧ください。

チョンバルの美しすぎるスイーツが魅力のおすすめカフェ『Voyage Patisserie』

2019.12.19

『Voyage Patisserie』の店舗情報

営業時間:

火〜木・日:11:00~22:00

金・土:11:00~0:00

月:定休日

住所:249 Outram Rd, Singapore 169048

④常夏のシンガポールではやっぱりこれ!手作りアイスが大人気の『Creamier Handcrafted』

『Creamier Handcrafted』は2011年にToa Payohに1号店をオープンしたコーヒーと手作りアイスクリームのカフェです。

独自のレシピと製造工程で作る手作りアイスクリームが特に人気で、連日賑わっています。

質が高く美味しいアイスクリームを手頃な値段で提供することにこだわり、世界各地から材料を探し、「最高品質のアイス作り」を目指しています。

mia
常夏のシンガポールで食べるアイスクリームは格別です。

その中でも、「Creamier Handcrafted」のアイスクリームは上品な甘さと味でこだわりの高さを感じます。

コーヒーにもこだわっており、一杯一杯丁寧に入れるコーヒーとの相性は抜群です。

『Creamier Handcrafted』のメニューなどの詳細についてはこちらの記事をご参考ください。

シンガポールでNo.1のアイスクリーム『Creamier』

2019.04.12

『Creamier Handcrafted』の店舗情報

<営業時間>

月:定休日

火〜木:12:00~22:00

金:12:00~23:00

土:11:00~23:00

日:11:00~22:00

住所:Blk 78, Yong Siak St, #01-18, Singapore 163078

⑤シンガポールで美味しいパンを食べるなら『チョンバルベーカリー』

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です