予約必須!! チョンバルの『Por Kee Eating House』で食らう激旨シャンパンポーク






シンガポールに来てからというもの、旦那が出張なしでシンガポールにいる時の金曜はだいたい外食するようにしています。

外食といっても基本的にホーカーなどのローカルフードなので二人で1000円もしないくらいですが笑

シンガポール在住者が選ぶ絶対に食べるべきローカルフード11選

2019.06.03

mia
日本に帰ればいくらでも日本食は食べれるので、シンガポールにいる間は極力ローカルフードを楽しむ方針です。

最もヘビロテな華金のローカルフードはなく、『People’s Park Food Centre』にある『日日紅麻辣香鍋』のマーラーポットです。

シンガポールNo.1の絶品激辛グルメ『日日紅麻辣香鍋』

2019.08.18

いったんハマってしまうとリピートしてしまいがちな夫婦ですが、開拓も忘れてはいけません。

mia
前に先輩家族といったチョンバルの『Por Kee Eating House』でシャンパンポーク食べたい。

旦那の先輩家族が連れて行ってくれた『Por Kee Eating House 1996』には忘れられない味があります。

今回は、シンガポール駐在員御用達の『Por Kee Eating House 1996』をご紹介します。

会食に使えるレストランとしても簡単にご紹介していたので、こちらの記事もご参考ください。

シンガポールで接待/会食にオススメのレストラン17選

2019.07.03

シンガポール駐在員家族に大人気のシーフード&中華『Por Kee Eating House 1996』

シンガポール駐在員御用達のシーフード&中華といえば『Por Kee Eating House 1996』です。

『Por Kee Eating House 1996』はお洒落なカフェや有名な生鮮市場のある駐在員に人気の居住エリア『チョンバル』にあります。

シンガポールのオススメ居住エリア『チョンバル』の5つの魅力

2019.05.17

私たち夫婦も先輩駐在員に連れて行ってもらい、わいわい楽しく美味しい中華を堪能しました。

ここは隣のテーブルとの感覚が広いため、現地の方も多いのですが意外とうるさくなく落ち着いて食べることができます。

本格的なシーフード料理が多いのですが、値段は比較的リーズナブルで接待/会食にも使えます。

『Por Kee Eating House 1996』で絶対に食べるべき2つのメニュー

mia
『Por Kee Eating House 1996』では絶対に食べるべきメニューが二つあります。

①シャンパンポークリブ(Champagne Short Rib or Champagne Long Rib)

Champagne Short Rib

Champagne Long Rib

まずこれだけは必ず食べて欲しいというのが「シャンパンポーク」という愛称で親しまれる名物メニューです。

味が深く染み込んでおり、なんとも言えない濃厚な味わいを表現する術を私は持っていません。

ぜひ実際に食べてみて確認していただきたいです。

ご飯と超絶合います。

繰り返しになりますが、『Por Kee Eating House 1996』に行くのであれば必ず食べてみてください。

②『Garlic Bamboo Clam』

Garlic Bamboo Clam

もうひとつがこれ、『Garlic Bamboo Clam』です。

中華レストランでたびたび見かける細長い貝「Bamboo Clam」すなわち「マテガイ」の料理です。

にんにくベースで味付けされたマテガイは食欲をそそる香りと期待を裏切らない美味しさです。

上記に同じく食レポの術がないので、これもマストで食べてみてください。

『Garlic Bamboo Clam』は売り切れていることもまちまちなので、予約の際にあらかじめ注文しておいたほうがいいです。

レストランに到着してから売り切れの事実を知ると結構がっかりします。

ちなみに、これはマストではありませんが、チャーハンも絶品です。

mia
チャーハン好きな私にはたまらない一品です。

『Por Kee Eating House 1996』のメニュー

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です