シンガポールスリング発祥『LONG BAR』の3つの魅力






mia
美味しいシンガポールスリングが飲みたい!

シンガポールのカクテルといえば、ジンベースのさっぱりとした味わいが特徴の『シンガポールスリング』ですよね。

1915年に誕生したシンガポールスリングは、ラッフルズホテルのバーテンダーが女性でも楽しめるお酒として考案したトロピカルカクテルです。

シンガポールは酒税が高いことで有名で、お店でお酒を飲もうと思えば他の国と比べるとかなり高いです。

リトルインディアの大暴動が生んだシンガポールの酒類規制

2019.07.05

とはいえ、せっかくシンガポールスリングを飲むのであれば、本当に美味しいバーで飲みたいですよね。

そこで絶対に行って欲しいのがシンガポールスリング発祥の『LONG BAR』です。

少し高いですが、落ち着いた雰囲気の中で飲むシンガポールスリングは別格です。

『LONG BAR』は世界各国から観光客が集まるバーなので昼間から賑わっており、特に夜は行列が絶えません。

今回は『LONG BAR』の3つの魅力をお伝えします。

ラッフルズホテルのシンガポールスリング発祥『LONG BAR』

『LONG BAR』はシンガポールの老舗高級ホテル『ラッフルズホテル』にある由緒ただしき高級バーです。

全面改装を終えて生まれ変わった歴史あるロング バーは、今後もシンガポール スリングが生み出された伝統を誇る場所であり続けます。有名なカウンターは、新しく設けられた装飾の中でもひときわ存在感を放ち、プランテーションをイメージした現代的なモチーフが建築に見事に調和しています。ロング バーは1900年代初頭にはキャズ アレーに位置していました。鉄道と道路の発達に伴い、天然ゴムとパームオイルのプランテーション経営者たちが毎週、週末になるとマラヤからシンガポールにやってきました。これは当時、「プランターのランデブー」と呼ばれていました。当店はフォーマルなバーではなく、ブラスバサ ロードに向かってテーブルが横一列に並べられ、男性客が通りを行き交う女性を眺めるのに絶好のスポットとなっていました。(ラッフルズホテルHPより)

世界各国にファンの多い『LONG BAR』には3つの魅力があります。

①世界一有名なシンガポールスリング

なんといっても『LONG BAR』が発祥のシンガポールスリングは、シンガポールまできたら必ず一度は飲みたいカクテルです。

由緒ただしきバーなのでカクテルメニューも豊富ですが、兎にも角にもシンガポールスリングを飲まなければ始まりません。

お値段はSGD37.95(約3000円)とお高いですが、思い出には変えられません。

『シンガポールスリング』のレシピ

  • ドライ・ジン 30ml
  • チェリー・ブランデー 15ml
  • ベネディクティン 7.5ml
  • ホワイト・キュラソー 7.5ml
  • レモン・ジュース/ライム・ジュース 15ml
  • パイナップルジュース 120ml
  • グレナデン・シロップ 10ml
  • アンゴスチュラ・ビターズ 1dash
  • 飾り – スライス・パイナップル、マラスキーノ・チェリー

②映画のワンシーンに出てきそうな大人な落ち着いた雰囲気

2階建てのロング バーの素朴な内装は、1920年代のマレー人の暮らしに着想を得たデザイン。深みのある鮮やかな色彩と豊かな緑が、お客様を南国のプランテーションの彼方へといざないます。(ラッフルズホテルHPより)

『LONG BAR』はまるで映画のワンシーンに出てきそうな内装です。

おしゃれな大人が集まる落ち着いたバーといったところでしょうか。

mia
こんなところでデートなんて洒落てますよね!大人な感じが憧れます。

ちなみに、2019年公開の映画『名探偵コナン 紺青の拳』でも毛利小五郎が『LONG BAR』でお酒を嗜み、酔いつぶれてしまうシーンがあります。

『名探偵コナン 紺青の拳』のシンガポール聖地巡礼まとめ

2019.07.09

③店内は殻だらけ!ユニークな落花生食べ放題

『LONG BAR』の各テーブルにはこのラッフルズホテル仕様の袋が置かれており、中にはたっぷりと落花生が入っており食べ放題です。

落花生を食べたら、その殻はそのまま床に捨てるのがロングバー流です。

ポイ捨てに厳しいシンガポールで唯一ポイ捨てが許される場所です。

店内は落花生の殻だらけです。

『LONG BAR』にはフードメニューが10種類ほどしかなく、しかもかなり高いです。

お腹を膨れさせてから来店し、落花生をおつまみにカクテルを堪能するのが一般的です。

『LONG BAR』のメニュー

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です