【女性必見】お酒が無料?!シンガポールで飲むならレディースナイトを見逃すな!






シンガポールへの日本人旅行者数は年間80万人を超え、常に進化を続けるシンガポールは世界を魅了し続けています。

安全かつ綺麗な街並みから、女子旅に人気のシンガポール。

観光はもちろんですが、「夜景」「お酒」も旅行の楽しみの一つですよね。

mia
シンガポールはお酒が高いことで有名です。酒税もかなり高額です。。

レストランやバーでビールやカクテルを1杯飲むのに税込15~20ドル(1200~1600円ほど)はします。。

そんな中で見つけたのが、お得にお酒を楽しめる「レディースナイト」です。

今回は、レディースナイトにおすすめのルーフトップバーをご紹介します。

シンガポール滞在時に水曜日も含まれてる!!という方はぜひ参考にしてみてください!

シンガポールでオススメのカフェ、ランチ、女子会にオススメのカフェなどはこちらの記事をご参考ください。

シンガポール在住者が選ぶオススメの人気カフェ22選

2019.06.10

シンガポール在住者が選ぶランチにオススメのカフェ11選

2019.06.19

シンガポール在住者が選ぶ女子会にオススメのカフェ14選

2019.06.20

レディースナイトとは

レディースナイトは基本的に毎週水曜日に開催される女性限定のイベント。

お酒が1杯無料になったり、飲み放題だったり、バーへの入場が無料になるなど、お得にお酒を楽しめます。

お店によってサービス内容が異なるので、事前に確認することをおすすめします!

今回は中でも観光客におすすめのルーフトップバー2選をご紹介します。

お酒好き女子は必見です!!

レディースナイトにおすすめのルーフトップバー

①CE LA VI(セラヴィ)

かの有名なマリーナベイサンズの上にあるルーフトップバー『CE LA VI』でも、水曜日の夜10時からレディースナイトが開催されています。

通常「CE LA VI」に入場する際には、SG$20を入場料として支払い、その$20は飲食代として使用できるのですが、女性は水曜日のみこの入場料($20)が無料。

さらに、ドリンクチケットをもらえて1杯無料になります。

ビールやカクテル、スパークリングワイン、ソフトドリンクなどのメニューから選ぶことができ、お酒を飲めない方でも楽しむことができます。

mia
通常であれば最低でも$20は支払わないといけないので、ドリンク1杯まで付くなんてかなりお得ですよね。

「CE  LA VI」はレストラン&スカイバーとクラブラウンジに分かれていますが、ドリンクチケットが使えるのはクラブラウンジのみです!ご注意ください。

「CE LA VI」の入場について

入り口はタワー3にあります。(マリーナベイサンズの屋上は船のような形ですが、船の尖った方がタワー3側です。)

「CE LA VI」や「SKY PARK」の案内が目印です。

水曜日はレディースナイトと知ってる方も多いため、女性だけでなく、男性客も多く、かなり混雑し、入り口も行列になる程です。

ドリンクチケット

入り口で手にハンコを押してもらい、ドリンクチケットをもらいます。

各入り口でハンコの確認がされ、このチケットはバーカウンターでドリンクと交換するので、無くさないように気をつけましょう。

「CE LA VI」からの景色

マリーナ側の景色はこんな感じです。通路やスカイバーの前には展望台に行く用の通路があるので、少し写真撮影が難しいです。

入場無料のクラブラウンジの中からは通路がない写真が撮れますが、かなり混雑していてクラブのような感じなので、正直撮影は難しいです。。

マリーナ側をバックにクラブラウンジより撮影

デッキから見たガーデンズバイザベイ側の夜景

個人的なおすすめは、レストラン&スカイバーとクラブラウンジの間のデッキから見えるガーデンズバイザベイ側の夜景です!!

クラブラウンジのザ・クラブな感じがあまり得意ではないのですが、、このガーデンズバイザベイの景色を見るだけでもマリーナベイサンズの上に上がる価値があると思います!!(元々無料なので、文句を言える立場でもありませんが。。笑)

『CE LA VI』情報

<営業時間>

月〜金:12:00~夜中

土〜日:11:00~夜中

<住所&地図>

L57, Sands SkyPark, Hotel Tower 3(マリーナベイサンズタワー3の57階)

https://www.marinabaysands.com/

最寄駅:Bayfront MRT駅(CE1, DT16)

②1-Altitude(ワンアルティテュード)

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です