シンガポール在住者が選ぶ観光客におすすめのレストラン9選






シンガポールへの日本人旅行者数は年間80万人を超え、常に進化を続けるシンガポールは世界を魅了し続けています。

マーライオンやマリーナベイサンズ、セントーサ島など定番の大人気スポットに加え、2019年4月には新たなSNS映えもバッチリの観光スポットとなる大型複合施設『ジュエルチャンギエアポート』がシンガポール・チャンギ空港内にオープンしました。

旅の楽しみは観光はもちろんですが、やはり一番は『食』ではないでしょうか?

せっかくのシンガポール旅行なので現地ならではの食事を楽しみたい方も多いはずです。

シンガポール在住者が選ぶ絶対に食べるべきローカルフード11選

2019.06.03

ローカルフードを現地の雰囲気で一番楽しめるのはやはりホーカーですが、海外旅行に慣れていない方やどうしても衛生面が気になる方には少しハードルが高いかもしれません。

mia
シンガポールではローカル感あふれるホーカーでも政府が衛生度をチェックし、A~Cで見えるところにランクが張り付けてあります。

A-Bであれば基本的に心配はありません。

シンガポール在住者の場合には日本から家族や友人が来た時にどこへ案内すべきかいつも考えなければいけませんよね。

今回は、シンガポールのローカルフードながらも衛生面を心配しなくても楽しめるおすすめのレストラン9選をまとめました。

顧客や出張者との会食でお店選びにお困りの方はこちらの記事をご覧ください。

シンガポールで接待/会食にオススメのレストラン17選

2019.07.03

①シンガポールの隠れ名物『ジンジャーチキン』@スープレストラン

スープレストランはシンガポールで大人気のレストランで国内に15の店舗を構えています。

その名の通り創業当初は薬膳スープを専門と扱うレストランでしたが、徐々に中国の家庭料理をメニューに取り入れ、他の中華料理レストランとは一風違った現在のスタイルに至ります。

スープレストランの人気に火がついたのは、『ジンジャーチキン』の登場です。

チキンライスがシンガポールを代表するローカルフードとして有名ですが、ジンジャーチキンもまた同じように柔らかく蒸しあげた鶏の料理です。

シンガポール人にも日本人にも中国人にも大人気のジンジャーチキンの魅力は、ふっくらと柔らかく蒸し上げられた鶏と、市販化され人気のお土産にもなっている秘伝のジンジャーソースです。

mia
このジンジャーソースだけでもご飯が進みます

生姜が強すぎず、醤油や料理酒との配合も完璧。

ゲストも喜んでくれてみんなお土産として買って帰ってます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

シンガポールの隠れ名物『ジンジャーチキン』@スープレストラン

2019.11.07

『スープレストラン』の店舗情報

シンガポール国内にある15の店舗情報はこちらからご確認ください。

②シンガポールでおいしいナシレマを食べるなら『COCONUT CLUB』

『THE COCONUT CLUB』は天天海南鳥飯で有名なホーカー・マックスウェルフードセンターの裏側に位置しており、観光客はまず訪れないエリアです。

青を基調とした清潔感ある造りはオシャレなカフェを彷彿させます。

『Nasi Lemak Ayam Goreng Berempah』SGD12.8

『THE COCONUT CLUB』のおすすめメニューはなんといってもナシレマ。

ナシレマのメニューは『Nasi Lemak Ayam Goreng Berempah』のみです。

mia
「Ayam Goreng Berempah」はマレー語で鶏のから揚げを意味します。

基本的なナシレマに鶏から揚げをトッピングした看板メニューです。

クセのないココナッツライスは日本人でも食べやすく、サンバルソースの辛味もほどほど、小魚とピーナッツの塩気と食感がマッチしておりクオリティの高さを実感しました。

シンガポールの地元民が認めるナシレマの名店であることがわかります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

シンガポールの隠れ名物『ジンジャーチキン』@スープレストラン

2019.11.07

シンガポールの定番料理『ナシレマ(Nasi lemak)』とは

  • ナシ:米
  • レマ:ココナッツミルク

ナシレマはマレーシア発祥の伝統料理で、マレー語で直訳するとココナッツライスですが、リッチなライスと呼ばれることもあり、その意味合いは『ココナッツミルクの風味豊かな絶品ご飯』です。

基本的にナシレマと呼ばれるメニューには、ココナッツミルクで炊き上げたご飯に次の食材が必ずトッピングされています。

  • 揚げ小魚
  • サンバルソース(伝統の辛味調味料)
  • ピーナッツ
  • 目玉焼き
  • きゅうり

これらにプラスして、鶏のから揚げやローストチキン、羊の煮込み、焼き魚などお店によって加わるメニューが異なります。

『THE COCONUT CLUB』の店舗情報

最寄駅: Telok Ayer MRT駅

営業時間:

11:00-15:00(月〜日)ランチ

18:00-21:30(月〜土)ディナー

住所:28 Ann Siang Rd, Singapore 069708

③予約必須!! チョンバルの『Por Kee Eating House』で食らう激旨シャンパンポーク

シンガポール駐在員御用達のシーフード&中華といえば『Por Kee Eating House 1996』です。

ここは隣のテーブルとの感覚が広いため、現地の方も多いのですが意外とうるさくなく落ち着いて食べることができます。

本格的なシーフード料理が多いのですが、値段は比較的リーズナブルで接待/会食にも使えます。

絶対に食べるべきシャンパンポークリブ(Champagne Short Rib or Champagne Long Rib)

Champagne Short Rib

Champagne Long Rib

まずこれだけは必ず食べて欲しいというのが「シャンパンポーク」という愛称で親しまれる名物メニューです。

味が深く染み込んでおり、なんとも言えない濃厚な味わいを表現する術を私は持っていません。

ぜひ実際に食べてみて確認していただきたいです。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

予約必須!! チョンバルの『Por Kee Eating House』で食らう激旨シャンパンポーク

2019.12.21

『Por Kee Eating House 1996』の店舗情報

mia
電話になりますが、大人数で行く場合には特に予約していくことをおすすめします。

最寄駅:Tiong Bahru MRT駅

④超濃厚なエビのダシ!!おすすめプラウンヌードル専門店『大食家-大大大蝦麺』

『大食家-大大大蝦麺』はシンガポール随一の繁華街・オーチャードにほど近い日本人駐在員に大人気の居住エリア『サマセット』で毎日繁盛しているPrawn Noodle(プラウンヌードル)専門店です。

プラウンヌードルといえば、シンガポールのホーカーやフードコートならどこでも食べれるエビをダシとしたあっさりスープが特徴の麺料理です。

どこで食べても安定的に美味しいのがプラウンヌードルの魅力でもありますが、さらに上を求めるのであればやはりシンガポール人にも愛される専門店へ行くしかありません。

『大食家-大大大蝦麺』のプラウンヌードル

見た目も美しいプラウンヌードルです。

スープの色は豚骨や味噌を彷彿させますが、実際に口に入れると全く異なり、濃厚なエビのダシが効きながらもあっさりとした味わいに仕上がっています。

ここのプラウンヌードルは他とは一味違います。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

超濃厚なエビのダシ!!おすすめプラウンヌードル専門店『大食家-大大大蝦麺』

2020.01.12

『大食家-大大大蝦麺』の店舗情報

営業時間:10:30~0:00

住所:89 Killiney Rd, Singapore 239534

⑤世界一安いミシュラン1つ星獲得店『Hawker Chan(香港油鶏飯麺)』

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です