リトルインディアで賑わうおすすめインド料理『THE BANANA LEAF APOLO』






麻辣香鍋(マーラーポット)やクレイポット、チキンライスやラクサといった王道から少しマニアックなシンガポールローカルフード、火鍋や餃子といったシンガポールでもメジャーな中華料理は日常的に食べており、ローテーションを回しています。

しかし、ムスタファセンターのあるリトルインディアにはよく行くのに、全然インド料理を食べていないことに気づきました。

理由はシンプルでした。

インド出張の時に毎食毎食もカレーしか食べないからシンガポールに帰ってきてまで食べたくない。

MUMBAI

インド出張が重なっていた旦那はインド料理に疲弊していました。

mia
さすがにかわいそすぎる。

ということで、インド料理は食べに行かないようにしていたのです。

でも、インド出張の感覚が少し空いたので、今しかないと思い、インド料理を提案しました。

旦那もインド料理自体は好きなので、快諾。

ということで、美味しいインド料理を求めてリトルインディアへ繰り出しました。

リトルインディアでひときわ賑わうインド料理店『THE BANANA LEAF APOLO』

もともとは『Mustard』という有名なインド料理店を目指して行ったのですが、満席で予約をしていなかったため入れず、ムスタファセンター方面の別のインド料理店に向かおうとしていました。

すると、『Mustard』を出発して数軒先に人だかりのある大きなインド料理店が目に入り、直感で入ってみることにしました。

それが『THE BANANA LEAF APOLO』です。

一枚目の写真を見てわかるように、『THE BANANA LEAF APOLO』は非常に大きなレストランです。

『Mustard』は白人観光客でいっぱいでしたが、『THE BANANA LEAF APOLO』はインド人で賑わっていました。

インド人が食べに来るインド料理ってことは絶対美味しい。

というわけで、『THE BANANA LEAF APOLO』に入ってみることにしました。

広々とした店内にはインド人のお客さんがほとんど。

みんな美味しそうに色とりどりのメニューを楽しんでいました。

レジカウンターの壁には何やら賞状や証明書のような書き物がずらりと並べられています。

どうやら『THE BANANA LEAF APOLO』は業界でも有名なお店のようですね。

mia
味にも期待できそうです。

注文したメニュー

プレーンナン&ガーリックナン

ひとまずカレーを楽しむためにはまずはナンを注文しなければ始まりません。

数あるナンの種類からプレーンナンとガーリックナンを選びました。

ガーリックナンはみじん切りにされたニンニクがナンと一体化しています。

PANEER MAKHANI

カレーはキューブ状の豆腐のような食感が特徴のPaneer Cheeseがゴロゴロ入った『PANEER MAKHANI』を選びました。

mia
この豆腐みたいなチーズの淡白な味と食感がなんとも言えなくて好きなんです。

メニューには唐辛子マークがついていましたが、実際に辛さはあまりなく、バターの効いたルーとナンがマッチしてとても美味しいカレーでした。

SHEEKH KEBAB

もう一品は私の大好きなシシカバブです。

これまた絶品でした。

マトンの臭みもなく、旨みと辛みがしっかりと練りこまれたシシカバブはナン本でも食べれてしまいそうな食欲をそそる味でした。

マンゴーラッシー

味の濃いインド料理に欠かせないのがラッシーです。

私たち夫婦が一番好きなラッシーはマンゴーラッシーです。

お店によって全然味が変わってきますが、『THE BANANA LEAF APOLO』のマンゴーラッシーは甘みと塩気のバランスがばっちりとれており美味でした。

mia
全体的に料理のクオリティは高く、これからお店しますがお値段も高くないんです。

『THE BANANA LEAF APOLO』のメニュー

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です