リトルインディアで大人気のおすすめインド料理『Mustard』






麻辣香鍋(マーラーポット)やクレイポット、チキンライスやラクサといった王道から少しマニアックなシンガポールローカルフード、火鍋や餃子といったシンガポールでもメジャーな中華料理は日常的に食べており、ローテーションを回しています。

しかし、ムスタファセンターのあるリトルインディアにはよく行くのに、全然インド料理を食べていないことに気づきました。

理由はシンプルでした。

インド出張の時に毎食毎食もカレーしか食べないからシンガポールに帰ってきてまで食べたくない。

MUMBAI

インド出張が重なっていた旦那はインド料理に疲弊していました。

mia
さすがにかわいそすぎる。

ということで、インド料理は食べに行かないようにしていたのです。

前回、インド出張の感覚が少し空いたタイミングで第一弾となる『BANANA LEAF APOLO』へ行き、クオリティの高さを実感しました。

リトルインディアで賑わうおすすめインド料理『THE BANANA LEAF APOLO』

2019.12.23

第二弾となる今回は、リトルインディアで日本人だけでなくシンガポール在住の外国人に一番人気と言っても過言ではない名店『Mustard』へ行きました。

リトルインディアで国籍問わずシンガポール在住者に大人気のインド料理店『Mustard』

前回の『BANANA LEAF APOLO』を訪れた際には、もともとの目的が『Mustard』だったのですが予約で満席で数時間先まで入ることができなかったため変更した背景があります。

『Mustard』は予約が必須の大人気インド料理店なのです。

mia
何度も夜に『Mustard』の前を通りましたが、欧米系の客層が多いのが印象的です。

それが一転、昼になると日本人客が多いです。

お値段が高めのためか、インド人はあまり店内で見ることがありません。

シンガポール在住者の中で有名ということでまずは試してみなくてはならないと思い、ランチに足を運んでみました。

結論、今まで食べたインドカレーのどれよりも美味しかったので、おすすめのメニューとともにご紹介したいと思います。

ココナッツの味が効いたカレーをヤシの実の器で食べる定番の人気メニュー『Chingri Maacher Malai Curry』

『Chingri Maacher Malai Curry』$19.90

mia
いつも新しいお店に行く時には事前にいろいろと調べる癖があり、『Mustard』についてはココナッツミルクとエビの相性抜群の『Chingri Maacher Malai Curry』が大人気であることが判明しておりました。

注文してみたら本物のヤシの実を使った器で本当に出てきました。

そして、ココナッツミルクが良く効いた濃厚でクリーミーなカレーとゴロゴロ入ったプリプリのエビが絶妙にマッチしてナンが進みます。

プレーンナン($3.20)とガーリックナン($4.50)

味がクリーミーで濃厚ですが、それでいてくどくないので、正直、ナンなしでスープのように飲めました。

これは大人気の理由がよくわかりました。

お値段はお高めですが、足を運びたくなる、病みつきになる味です。

mia
これから日本からゲストが来るたびに案内することが確定しました。

マトンをふんだんに使ったほうれん草カレー『Saag Gosht』

『Saag Gosht』$17.90

インドカレーで定番のほうれん草カレーですが、ここの魅力は柔らかく煮込まれたマトンがゴロゴロ入っていることです。

ほうれん草カレーの味がしみたマトンは絶品です。

ナンがさらに進みます。

『Saag Gosht』はメニューで辛いマークがついていますが、全然辛くないので辛い者が苦手な方もご安心ください。

実は店ごとに味が違うラッシー

『Alphonso Mango Lassi』$6.90

『Mustard』のマンゴーラッシーは甘みと塩気のバランスが絶妙で美味しいです。

たまにプレーンヨーグルトが強くて酸っぱいラッシーもありますが、ここのマンゴーラッシーはそんなことはありませんでした。

インド料理のおともには欠かせません。

 『Mustard』のメニュー

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です