シンガポール初のアフォガート専門店『The Affogato Bar』






アフォガートは日本でもよく目にするので、食べたことがある方も多いと思いますが、”affogato”とはイタリア語で「溺れた」という意味です。

アイスクリームやジェラートに飲料をかけて食べるスタイルのイタリアのデザートをいいます。

一般的にはバニラアイスクリームにホットエスプレッソショットが添えてあり、ショットをアイスにかけて食べます。

mia
少し都市部から離れていますが、夫婦ともにアフォガートが好きなので、訪れてみました。小さいカフェで中にはテーブルが5つほど。テラス席も2テーブルありますが、土日のおやつどきはかなり混雑しています。

「The Affogato Bar」では、オーストラリア・メルボルンのDimattinaコーヒーブレンドのエスプレッソダブルショットが添えられたアフォガートを楽しめます。

Affogatoに使用されるエスプレッソは4種類のコーヒーからできており、ヘーゼルナッツとブラックカラントからヒント得たPrima Tazza(コロンビアベース)、濃いココア味のLa Tazza(ブラジルとニューギニア)、蜂蜜とベルギーチョコレートテイストのGrande Tazza(コスタリカ)、フローラルでフルーティなMocharoma (ニカラグア)、これらがブレンドされています。

メニュー

1枚目がアフォガードメニューです。

夜にはアルコールも楽しめます!

フードメニューも充実。

今回食べたメニュー

Death by chocolate SG$15 (約1220円) 

店員さんおすすめのメニューにしました。

おしゃれカフェ価格ですね。

エスプレッソは濃く、ちょうどいい苦味で、濃厚なチョコレートとマッチして美味しかったです。

大人なデザートという感じです。

バニラの方が最後残ったエスプレッソがバニラでまろやかになっていいかなと思いますが、チョコレート好きな私は気に入りました。

店舗情報

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です