シンガポール在住者が選ぶおすすめタピオカ専門店17選






2018年のJC・JK(女子中高生)の流行語大賞として選ばれた

「タピる」

みなさんこの言葉の意味がわかりますか??

女子中高生はタピオカミルクティーを飲むときや飲みたいときに、

「タピりたい」「タピった」など、タピオカを動詞として使っているそうです。

タピオカを飲みに行くことは「タピ活」だそうです。

mia
アラサーにはついていけない世界です。笑

タピオカを飲むために数時間並ぶのも当たり前だそうです。。

最近ではこのタピオカ人気に乗って、台湾発祥のタピオカティー専門店が続々と日本に上陸しており、東京だけでなく全国各地に人気が広がっています。

しかし、日本でタピオカミルクティーを飲もうと思うと、1杯 500〜600円 といいお値段がしますよね。

意外と知られていないのですが、何でも高いと思われがちなシンガポールはタピオカ天国!!日本よりもかなりお得に飲めるんです。

日本以上に乱立するシンガポールのタピオカ専門店を一気に紹介します。

私がその中から厳選しておすすめするタピオカ専門店はこちらの記事をご覧ください。

シンガポールはタピオカ天国。駐在妻が選ぶおすすめ専門店3選

2019.03.30

さらに、タピオカは飲み物だけでなくスイーツでも大人気です。

種類豊富なタピオカスイーツはこちらの記事をご参考ください。

シンガポール在住者が選ぶおすすめのソフトクリーム専門店12選

2019.10.03

値段と味のバランスが◎『KOI Thé(コイティー)』

「KOI Thé(コイティー)」は、台湾で人気のタピオカ専門店「50嵐」が作ったタピオカ専門店の海外ブランドです。

2007年にシンガポールに海外初の店舗を出店、現在では日本にも出店しています。

どの店舗も、お昼の時間は列が出来るほどの人気。

観光客はもちろんですが、ローカルの人にも大人気です。

人気メニュー

1番人気は「Golden Bubble Milk Tea(ゴールデンバブルミルクティー)」。通常のタピオカミルクティーです。

値段はMサイズで約280円 (SG$3.5)

日本(表参道店)だと620円なので半額以下で飲めます。

KOI Thé は原材料の選定からこだわっており、茶葉はもちろんのこと、天然原料を使用し独自のレシピで作ったゴールデンタピオカを使用しています。

ゴールデンタピオカはよく見るブラックタピオカとは違い透き通っていて、病みつきになる食感です。ぜひお試しください!

『KOI Thé』の詳しい情報は以下の記事をご覧ください!

SNSで話題!!”KOI Thé”のタピオカはシンガポールで飲むのがオススメ

2019.02.08

②インスタ映え間違いなし『TIGER SUGAR』

台湾発祥の「老虎堂(TIGER SUGAR)」は2018年11月にシンガポールへ初上陸しました。

ティーもありますが、最も人気なのがインスタ映え間違いなしの、虎模様にも見える「黒糖タピオカミルク」です。

店舗数が少ないので、どの店舗も混雑しています。

私の知る限りでは、開店時間や比較的夜の閉店間際は空いています。

日本に出店予定ですが、2019年8月現在は未上陸のため、日本人観光客にも大人気です。

シンガポーリアンも平日土日問わず列を作る人気ぶり。

人気メニュー

1番人気は写真の「Brown Sugar Boba Milk(ブラウンシュガーボバミルク)」。名前の通り、黒糖とタピオカが入っているミルクです。

値段はMサイズで約430円 (SG$5.3)。

少し他のタピオカ専門店に比べると値段はお高めです。

黒糖の優しい甘さと香りがミルクとマッチして絶品。

個人的には、タピオカミルクティーよりもあっさりしていて、飽きずに飲み切れるので、おすすめです。

「TIGER SUGAR」の詳しい情報は以下の記事をご覧ください!

インスタで話題の老虎堂(TIGER SUGAR)がシンガポールに次々上陸

2019.01.28

③シンガポール発タピオカ専門店『LiHO』

「LiHO」は、シンガポール発のティーブランドです。

以前LiHOの会社は台湾のGong chaとライセンス契約を組んでGong chaを営業していたそうですが、その後色々揉めた結果「LiHO(リホ)」が誕生しました。

※新たにLiHO独自で材料調達などを行ったため、決してGong chaの商品をそのまま使ったわけではありません。

詳しく知りたい方は、「シンガポール LiHO」で検索を。

人気メニュー

タピオカ以外のメニューも多くチーズティーやフルーツティーが人気ですが、通常のタピオカミルクティーがおすすめです。

値段はMサイズで約240円 (SG$3.1)とかなり安いです!!

カップにライオンの絵が書いてあるのが、いかにもシンガポールという感じ。

最初に書いたように、チーズティーやフルーツティーなどメニューの種類が豊富で、値段が手頃なので日常的に飲む人が多いです。

④日本でも店舗が増え続ける『Gong cha』

「Gong cha(ゴンチャ)」は、台湾南部にある台湾第二の都市・高雄で2006年に誕生しました。

世界中に出店しており、2019年11月現在、1500店以上の店舗があります。

人気メニュー

1番人気は写真の「Pearl Milk Tea(パールミルクティー)」。

Mサイズで約250円(SG$3.2)とお安いです

ミルクフォームやタロイモ系のドリンクも人気です。

⑤行列必至!中国から上陸した『HEYTEA』

この投稿をInstagramで見る

HEYTEA Singaporeさん(@heyteasg)がシェアした投稿

「HEYTEA 喜茶」はチーズティーの発祥と言われる中国で最も人気のあるティーブランドで、フルーツティー・タピオカも人気です。

海外初出店となるのが、シンガポールでした。

2018年11月のオープン当初は数時間待ち。その後も行列は続いていますが、平日の朝や夜は待ち時間もあまりありません。

人気メニュー

1番人気は「King Fone Cheezo Tea(キングフォーンチーゾティー)約440円(SG$5.5)です

こだわりのウーロン茶葉を使用しており、流行りのチーズティーです。

少し変わった味わいですが、ぜひ一度試してみてください。

あまり冒険したくないという方は、フルーツティーで1番人気の「Grapefruit Boom Tea(グレープフルーツブームティー)」や黒糖タピオカミルクティーをお試しください!

中国から上陸した『HEETEA』

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です