シンガポール旅行におすすめの服装&持ち物リスト






預け荷物に入れておくべきもの

  • 着替え・下着

服装については次で説明します。

  • 羽織りもの

室内はクーラーが効きすぎていることが多々あります。

長袖のカーディガンを持っていきましょう。

LCCに乗る場合は、ブランケットも有料のため、手荷物に入れておきましょう。

  • パジャマ

ホテルにはバスローブだけというところがほとんどなので、普段着ているものを持っていくことをお勧めします。

  • 水着

セントーサ島のプールに行く予定のある方・ホテルのプールを利用する方は持っていきましょう!

  • 折り畳み傘

乾期・雨期関係なく、急なスコールが多いシンガポール。

折り畳み傘はできるだけ持ち歩きましょう。

長くても1時間待てば止みますので、時間に余裕があり荷物を減らしたいという方は雨宿りしましょう。

  • ウェットティッシュ

基本的にレストランでウェットティッシュがありません。

稀に出ることもありますが、出るところの方が少ないです。

ホーカーなどを利用する方も多いと思うので、念の為持っていきましょう。

  • ポケットティッシュ

屋台やカフェなどティッシュやナプキンがないところも多いので、出来るだけ持っていきましょう。

  • 日焼け止め

赤道直下のため、年中真夏。太陽の光が強いので、必ず持っていきましょう。

  • 変換プラグ

シンガポールはBFタイプが基本です。

電圧は230Vなので、携帯やカメラ・髭剃り、ヘアアイロンの充電器など電圧が対応しているかご確認ください。もし対応していなければ変圧器が必要です。(高いのであんまりお勧めしません。)

  • スマートフォンやカメラなどの充電器

忘れないようにご注意ください。電圧の確認もマストです!

  • 洗顔

基本ホテルにないので、持っていきましょう。

  • 汗拭きシート

これはマストではありませんが、かなり汗をかくので、あった方が便利です。

ホテルに一旦帰ってまた外出するときなど、結構使えますよ!

  • 虫除けスプレー

シンガポールは蚊を駆除しているため、街中ではあまり蚊を見つけません。

しかし、動物園や植物園など少し中心部から離れた自然の多いところに行く方は、念の為持って行くことをおすすめします。

スプレー缶タイプのものは持ち込み不可です!!

男性の方

  • 髭剃り

シンガポールでも手に入りますが、割高なので持っていきましょう。

女性の方

  • ヘアアイロン

コンセント式電池式は大丈夫ですが、リチウムイオン電池式のものはリチウムイオン電池を外せば持ち込み可能です!

  • 化粧落とし・くし

ホテルにはないので、持っていきましょう。

mia
ダイソー・ドンキ・東急ハンズなど割高ですが、日本の製品を買える店が多いので、忘れても購入できます。ご安心を。

持ってこなくていいと思うもの

  • お茶のパック

いつも旅行に行く際は緑茶のパックを持っていくことが多いのですが、シンガポールではペットボトルのお茶がセブンイレブンやスーパーで買えます。

スーパーやセブンイレブンで購入できるAyataka(綾鷹)・セブンイレブンのPB商品のお茶が日本でよく飲まれているお茶です。

お茶と書いてあっても、東南アジアでよく販売されている甘い加糖のお茶の可能性があるので、お気をつけください。

どうしても暑いお茶が飲みたい!という方は持参しましょう。

  • 帽子

シンガポールの人はあまり帽子を被りません。

多分湿度が高く、ずっと屋外にいるということがあまりないからだと思います!

よく日本人の方で街中で帽子を被っている人を見かけますが、ジメジメして蒸れるので、あまり必要ではないかなと思います。

毎日かぶっているという方は、持ってきてもいいと思います!

  • 観光時の大きなリュック

お子さまがいらっしゃる方は、荷物が多いのでリュックが必要かと思いますが、自分のお荷物だけという方は必要最低限のものだけ持ち歩きましょう!

リュックを背負っている日本人の観光客の方を見かけますが、シンガポールは暑く湿度も高いので、リュックは背中に汗をたくさんかき、重くて疲れている方をよく見かけます。

観光を楽しむためにも荷物は最小限に!

服装について

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です