フーコック島で泊まるべき『フュージョンリゾート』の5つの魅力






『フュージョンリゾート』はダナン、ニャチャン、フーコック島のベトナム3都市に展開する高級リゾートグループです。

全室プライベートプール付のヴィラタイプ、いつでもどこでも食べれる朝食、そして滞在期間中毎日受けることができるスパが全て込みの”all-spa-inclusive”という超魅力的な特徴を持ちます。

ダナンでは圧倒的な人気を誇るリゾートです。

東南アジア最後の秘境と呼ばれているフーコック島にも、2017年にフュージョンリゾート・フーコックがオープンしました。

mia
まだまだ日本人に馴染みのないベトナムのフーコック島ですが、2019年にカジノがオープンするなど、開発が急ピッチで進んでおり、すでにヨーロッパ人を中心に人気が急上昇中です。

とはいえ、開発も初期段階なので世界的にまだまだ無名です。

この意味は、「行くなら今!」ということです。

航空券(国内線)やホテルも他の観光地と比べると圧倒的に安く、フュージョンリゾートも例外ではありません。

週末にフュージョンリゾートに夫婦で宿泊しました。

オフシーズンというのもありましたが、プール付100㎡以上のヴィラ、もちろん”all-spa-inclusive”でなんと1部屋1泊あたり3万円弱という破格でした。

観光地で”all-spa-inclusive”のプール付ヴィラが1泊3万円はありえません。

絶対に今行くべき『フュージョンリゾート・フーコック』の5つの魅力をご紹介します。

『フュージョンリゾート・フーコック』の5つの魅力

先ほどから少しずつ述べている内容及びそれに加え、『フュージョンリゾート・フーコック』には次の5つの魅力があります。

  1. “all-spa-inclusive”
  2. “BREAKFAST ANYWHERE ANYTIME”
  3. 無料アクティビティの数々
  4. フュージョニスタ
  5. その他

ひとつずつ魅力を解説します。

また、フーコック島へのアクセス及び空港からフュージョンリゾート・フーコックへの移動方法も解説します。

魅力①”all-spa-inclusive”

なんといってもフュージョンリゾートの一番の魅力は”all-spa-inclusive”です。

最低1日2回、スパの予約が空いていれば何度でも受けることができます。

しかも、滞在期間中なので、1泊でも到着日と出発日の2日間スパを受けることができます。

mia
予約さえしていればチェックアウト後もOKです。

スパには次の4つのジャンルがあり、全16種類のメニューから好きなものを選んで受けることができます。

  • ISLAND BODY CARE (全身マッサージとフットマッサージ)
  • RIVER SKIN RITUALS (主に肌のトリートメント)
  • MAIA MOM-TO-BE (マタニティ)
  • HAPPY NAILS (ネイルケア)

詳しいメニュー詳細はこちらです。

ご丁寧に日本語版メニューまであります。

私は全身マッサージ、フェイシャル、そしてフットマッサージを受けました。

最高に気持ちよかったです。

スパ入り口

スパ敷地内の個室へ向かう通路

広大な敷地内にはスパ専用のシャワールームもあり、施術室は夫婦同室、もしくは個室でプライベートな空間が守られており安心です。

スパの順番待ちをしている間や施術後には水やハーブティーが提供され、ゆったりとリラックスしながら過ごすことができます。

mia
フュージョンリゾートではスパがもちろん大人気なので、ホテル予約が済んだらなるべく早めに事前予約をしましょう。

また、それぞれのメニューで担当者が異なるため、受けたい時間に受けれるとは限りません。

特に全身マッサージは人気で予約が取りにくいです。

魅力②“BREAKFAST ANYWHERE ANYTIME”

“BREAKFAST ANYWHERE ANYTIME”もフュージョンリゾートのこだわりの一つです。

その名の通り、好きな時間に好きな場所で朝ごはんを食べることができます。

例えば、夕方5時に部屋で食べたいと言えば、部屋まで朝食(時間的には夕食)を持ってきてくれます。

もちろん、朝食を利用できるのは一度のみです。

でも、フュージョンリゾート自慢のビュッフェを楽しめるのは朝の時間帯のみなので、個人的にはやはり朝にレストランで食べるのをおすすめします。

ビュッフェの一部をご紹介します。

mia
メインメニューなどの写真を撮り忘れてしまいましたが、最初の盛り付け写真のようにスモークサーモンやソーセージなど、さらに多くのメニューがあります。

リゾートらしく豪華なビュッフェを楽しめるのは朝だけなのでおすすめです。

魅力③大人も子供も楽しめる無料アクティビティの数々

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です