【FRA】フランクフルト空港のANA系航空会社ラウンジのすべて






私はスターアライアンスの航空会社ラウンジが大好きです。

このシリーズでは、私が利用した航空会社ラウンジを随時まとめていきます。

フランクフルト・アム・マイン空港には2つのスターアライアンス系航空会社ラウンジがあります。

ルフトハンザ航空によるLufthansa Senator LoungeとエアカナダによるMAPLE LEAF LOUNGEについて、その魅力と特徴を徹底解説します。

mia
幸運なことに私もスーパーフライヤーズカード(SFC)の家族会員なので、航空会社ラウンジを利用させていただいています。パートナーの海外出張が多い場合は、マイルを貯めるだけでなくステータスアップも絶対に忘れないようにアドバイスしてあげてくださいね!!

*スターアライアンスは日本の航空会社ではANAが所属しており、航空会社ラウンジはプラチナ会員以上のステータスもしくはスーパーフライヤーズ カード(SFC)会員の方が利用できます。また、これら条件を満たしていなくてもビジネスクラス以上に搭乗される方も利用できます。

フランクフルト・アム・マイン空港のLufthansa Senator Lounge

ドイツを代表する航空会社・ルフトハンザ航空は、世界第9位の旅客数を誇るメガ航空会社です。

そんなルフトハンザ航空の航空会社ラウンジはバランスのとれた仕上がりとなっています。

非常にシンプルで広々としており、料理のラインナップも万人ウケする内容です。

個人的にはもっとドイツらしさを前面に出した料理を提供して欲しいところですが、それは置いておいて早速見ていきましょう。

Lufthansa Senator Loungeの内観

先にも書きましたが、フランクフルト・アム・マイン空港のLufthansa Senator Loungeは広々地したシンプルな空間に仕上がっております。

空間に余裕があり、窮屈さを感じることはありません。

ビジネス感が少し強い印象もあります。

Lufthansa Senator Loungeの様子はこちらです。

Lufthansa Senator Loungeの食事・飲み物

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です