OMG!!まさかのシンガポール就労ビザ(EP)が拒否された話






なんと、申請手続きをしていたシンガポールの就労ビザ(Employment Pass)がMinistry of Manpower(MOM)より断られました。

私が所属する会社の現地法人の人々も驚いており、明確な背景は不明も、何かと理由をつけられてしまい再申請が必要となりました。

12月にはIn-principal approval(IPA; 仮ビザ)が取得できる見込みでしたが、再申請後の結果は1月中旬~下旬にわかる見込みです。

今回は小話となりますが、これまでのビザ申請の経緯と今後の手続きについて書きます。

mia
2019年からシンガポール現地で情報を発信する気満々でしたが、思わぬ展開です

どうなることやらドキドキです。。!!

※その後、2019年1月16日に無事、MOMより承認がおりました。

YEAH!!一度拒否されたシンガポール就労ビザ(EP)が承認された話

2019.01.19

リアルなこれまでのビザ(EP)申請手続きスケジュール

mia
シンガポール現地法人の仲間からも「全く問題ないだろう」と言われていただけに驚きです。

近年、シンガポールの就労ビザは取得が難しくなってきているとは聞いていましたが、まさかですね。

とりあえず、ここまでの経緯をまとめましょう。

基本的なシンガポールの就労ビザ(Employment Pass)申請から取得までの流れはこちらの記事をご参照ください。

申請手続きの詳細経緯

  • 10月下旬:1月シンガポール赴任の内示を受け、Employment Pass form 8など、提出に必要な書類を配布される
  • 10月末:記入したEmployment Pass form 8や大学の卒業証明書などの必要書類をシンガポール現地法人の人事部へ提出
  • 10月末~11月20日:Jobsbankにて14日間以上、赴任者と同じ条件でシンガポール人を募集
シンガポール人の雇用を守るべく、2014年よりこの制度が始まりました。

  • 11月25日:シンガポール現地法人の人事部よりMOMへEmployment Pass form 8を提出。これより仮ビザ(in-principal approval)が発行されるまで5週間要すると言われていた
  • 12月17日:MOMより追加で14日間以上のシンガポール人再募集をするよう指示を受ける。これにより、年内でのIPA取得は不可となり、一縷の不安を残したまま年を越すことが確定。
シンガポール現地法人の担当者もまさかの展開にびっくりしていました。担当者がMOMより受けた指示について実際に私に送られてきたメールがこちらです。

現地法人の担当者

We are advised by Ministry of Manpower that we are required to readvertise your position on JobsBank again with the salary range for another 14 days due to fairwork consideration (Singapore government encourage employers to hire Singaporean instead of foreigners. As such all application for employment pass holders need to be advertised on JobsBank (a web portal for Singaporean to look for jobs and employer search for suitable candidates) for at least 14 days before we can submit for EP application. This is to be done after we have screened through all jobs applicant and could not find someone suitable for the job before we can hire from overseas.

“salary range”がキーになっているように見えますが、その後、その担当者の上司からこの件に関する彼の見解と励ましのメッセージをもらいました。

現地法人の人事部長
Your EP application was actually rejected by MOM due to reason that she has mentioned below.

To us, it is a funny reason and we assume that it may be due to quota for EP application has exceeded at whole Singapore.

Please do not worry.

We will proceed with the necessary, appeal and wait for MOM’s approval.

It will take until end of Jan 2019. However, we hope that MOM will expedite and hopefully get a reply by mid Jan.

We will keep you updated soonest we receive any news.

“Please do not worry”という言葉を信じるしかないですね。

MOMでもEPを割り当てる定員のようなものが決まっていて、たまたま年末だからすでにオーバーしていたとの予測です。

うーん、これは定かではないですが、現地法人の人事部が大丈夫というのであれば、きっと大丈夫なんでしょう!!

まとめ

バタバタしても仕方ないので、無事承認されることを信じて大人しく待ちます。

厄介な展開となりましたが、これも経験と考え、このほとぼりが冷めぬ内に文章に落としてみました。

2019年1月に笑い話として報告できれば嬉しいです。

※2019年1月16日に無事、承認がおりたので笑い話にできました。

YEAH!!一度拒否されたシンガポール就労ビザ(EP)が承認された話

2019.01.19
mia
特にまとめにもなっていないのですが、今回は速報ベースでの小話となるので、内容は以上です。

来年、良い報告ができるよう祈るのみです。

せっかくこの記事をご覧いただいているので、少しでもお役に立てればと思うので、海外赴任関連のこちらの記事も読んでみてください。

【完全保存版】海外赴任・駐在に持っていくと良いものチェックリスト

2018.11.14

【完全保存版】海外赴任・駐在へ出発までの準備スケジュール

2018.11.20

【完全保存版】海外赴任1ヶ月前に必ず見るべきチェックリスト

2018.12.03

日本人学校は超優秀!? バンコク日本人学校出身者が語る3つの理由

2018.12.04

超進学校級!?バンコク日本人学校出身者が語る高校受験事情

2018.12.10

年間150万円!?インターナショナルスクールってどうなの?

2018.12.13

7割が早稲田大学へ!!帰国子女のみの早稲田渋谷シンガポール校ってどんな高校?

2018.12.18

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です