シンガポールの新施設『ジュエルチャンギエアポート』の3つの魅力!!






シンガポール・チャンギ国際空港の大型複合施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」

「ジュエル・チャンギ・エアポート」は2019年4月17日シンガポール・チャンギ空港にオープンした大型複合施設です。

イスラエルの著名な建築家であり、シンガポールの「マリーナベイサンズ」のデザインも手がけたことでも有名なモシェ・サフディ氏が「魔法の庭園」をテーマに設計しました。

約5年ほど前から着工し、敷地面積は13万平方メートル、総工費は17億シンガポールドル(約1400億円)に登ります。

ガラスと鉄骨でできたドーナツ型の建物で、建物の真ん中が吹き抜けになっています。

地下5階、地上5階の計10階建ての施設です。

小売店とレストランが280店入っており、シンガポール初出店のお店も多くあります。施設の中にはホテルも入っています。

「ジュエル・チャンギ・エアポート」公式サイトの紹介映像はこちら↓

mia
2019年4月17日のオープンに先立ち、4月11~16日に一般向けの内覧会が行われていたため行ってきました。

『ジュエル・チャンギ・エアポート』の魅力や感想をレポートしたいと思います。

『ジュエル』で買えるオススメのお土産21選はこちらの記事をご覧ください。

『ジュエル』で買えるシンガポールのオススメお土産21選

2019.05.26

魅力①ジュエルの主役「フォレスト・バレー」

4階分の吹き抜け空間に広がる約2万2000平方メートルの室内庭園「フォレスト・バレー」。

この庭園は「SHISEIDO FOREST VALLEY」と名付けられています。資生堂がスポンサーについているのだそうです。

そして見事な存在感の大きな滝。

「レイン・ボーテックス」と名付けられたこの人工滝は、屋内で世界一の高さ約40メートルだそうです。

各階からこの滝を見ることができます。

写真全体を撮るのにオススメなのは2階〜5階です。

1階はこの滝に最も近づくことができるのですが、結構水しぶきが飛んでくるので注意。

地下1階以下はこの滝が流れ落ちているところが見れます。

乗り物や映像に酔う人はずっと見ていると気分が悪くなるかもしれません。

地下2階の様子。

流れ落ちるところはガラスになっていて触れます。

最上階の「キャノピー・パーク」は2019年6月10日にオープン予定です。

現在は動物のモニュメントだけ見ることができます。

これはフォギーボールという場所なのですが、人工芝でできた穴があり、何分かに一度真ん中からスモークが出てくるという謎の場所です。

完成後は、迷路や空中散歩が楽しめるネットの空中回路、橋やすべり台ができる予定です。

遠目に見た感じでは、出来上がっているように見えました。

※注意

空中回路になっている「Bouncing and Walking Nets」は見たところ、通路の上にあるのですが、写真の通り遊具のようなネットになっているので、女性がスカートを履いている場合は下から丸見えになりそうです。

何か対策などあるかもしれませんが、6月以降行かれる方はお気をつけて。

キャノピーパークに行かれる方は事前に割引チケットを購入していきましょう。

Voyaginの15%割引チケットはこちら

魅力②約280店ものレストラン・ショップ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です